一般

「一般」の有益情報をお届け!

思ったことを気ままに書いてます

政治・経済・健康・スポーツなど、気になったことをお知らせいたします

2011年12月15日

年賀状受付開始

2012年用の年賀状の受け付けが15日、全国で一斉に始まった。東京都中央区の京橋郵便局で開かれたセレモニーには、サッカー日本代表の遠藤保仁選手(Jリーグ・ガンバ大阪)と女優の夏菜さんが出席し、幼稚園児8人と年賀状を投函(とうかん)した。【時事通信より引用】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111215-00000032-jij-soci


このニュースが出ると年末の気分になります。

とは言え、まだ全く年賀状は手付かずです…

1日に届ける為に25日までに出さねばならないとなると、
まだ時間はあります…

そう言ってると直ぐに25日がやってきますよね。

12月も月半ばになっています。
今年もあと半月足らずになりました。

やらねばならないことは思いつくのに、
やらずに日にちが過ぎていくのが
毎年の年末の過ごし方になってしまってます。

気がつけば大晦日、新年と時間が過ぎてしまいますね。


Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:一般
エントリー:年賀状受付開始
2011年12月13日

アライグマの被害拡大

野生化したアライグマが生息域を拡大し、農作物を食い荒らす被害が九州・山口で深刻化している。2010年度には福岡、佐賀、大分、長崎、山口の5県で、前年度の約3倍の1422匹が捕獲され、被害総額は約2200万円に上った。今年度も各地で被害が報告されている。愛くるしい外見とは裏腹に、人を襲ったり文化財を傷つけたりするケースもあるだけに、国や自治体は広域的な防除体制の整備を急いでいる。【読売新聞より引用】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111213-00000724-yom-soci


アライグマには全く罪はなく、
人間が勝手に持ち込んで、
手に負えなくなって逃がしたのが原因です。

でも、アライグマに罪はなくても日本の生態系を
崩していますから、これは駆除しないと今後被害は
本州から東へ広がっていきますね。

アライグマに限らず外来のペットを飼って、
そのうち飼えなくなって逃がしてしまう…

人間の身勝手が日本の生態系を崩してしまうのですね。

ペットを飼うにはそれなりの責任は負うべきでしょう。


Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:一般
エントリー:アライグマの被害拡大
2011年12月09日

ネズミは仲間見捨てない

自分は得するわけでもないのに、困っている仲間を助ける。他人の感情を共有するそんな「共感」の能力をラットも備えていることが、米シカゴ大学チームの実験でわかった。人以外では、これまでサルでしか確認されていなかったという。9日付の米科学誌サイエンスで発表した。【読売新聞より引用】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111209-00000528-yom-sci


動物は仲間とともに生活することが
インプットされているのでしょうね。

人に限らず、単独じゃ生きていけない。
集団で社会を形成して生きていくことは
必要なことでしょう。

仲間を助けることは損得関係なく、
自然な行動なのではないでしょうか。

いったいどの程度の知能がある動物で
このような行動が出てくるのでしょうかね。

簡単に仲間を見捨てる人が居たら、
ネズミに馬鹿にされたりして…


Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:一般
エントリー:ネズミは仲間見捨てない
2011年10月12日

ビール腹はビールのせいじゃない

中高年男性にみられるぽっこりと出た「ビール腹」は、ビールを飲む量とは関係ないことが、滋賀医科大の上島弘嗣・特任教授らの調査でわかった。ビールをよく飲む中高年の男性と、そうでない人を比べても、腹囲に差はみられなかった。13日から名古屋市で開かれるアルコール・薬物依存関連学会合同学術総会で発表する。【読売新聞より引用】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111012-00000672-yom-sci


そうですよね。

ビール腹は、ビールの飲みすぎじゃないですよ。

医学的に証明されたんですね。
医学的と言うか、統計ですが…


ビールの好きな中年男性にはホッとする結果です。

結局はビールを飲みながら高カロリーなつまみを
食べるから太るんですよ。

食べすぎと運動不足。

でもまあ、太っていることには変わりはないので
健康的じゃないです。

腹八分目にして運動をしましょう。

2011年10月07日

ロータリーエンジンの終焉

マツダは7日、ロータリーエンジン搭載の唯一の車種であるスポーツカー「RX−8」の生産を来年6月で終了すると発表した。各国の環境規制などに対応するにはコストがかかりすぎると判断した。山内孝社長は「今後も研究開発を継続する」としているが、後継車の発売予定はない。同社の看板だったロータリー搭載車がついに姿を消す。【産経新聞より引用】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111007-00000527-san-bus_all


なんだか寂しい気もしますね。

「RX−8」には乗ったことはありませんが、
その前身の「RX−7」は運転したことがあります。

友人の「RX−7」を借りて運転しましたが、
ロータリーエンジンの加速は噂にたがわず
すごかったです。

燃費の悪さがバブル崩壊から人気にかげりを見せて、
販売終了となりました。

その後、後継車として「RX−8」が発売されましたが、
長期の景気低迷と時代は地球温暖化防止による
エコの時代となり、もはや燃費の悪いスポーツカーは
敬遠されます。

車を買うなら、まず燃費のよさが条件ですからね。

でも、時代がもっと進んで電気自動車の時代になると、
モーターと電池の進歩で最高速が競える車が出てくるのは
間違いないでしょう。

そういえば、他にもトヨタ3000GTや日産フェアレディZ、
三菱スタリオンなども最高速を競って出てきましたが、
今は名前を聞きませんね。


Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:一般
エントリー:ロータリーエンジンの終焉
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。